ALC造施工事例50

名古屋市某様邸の『シーリングにこだわった』外壁塗装工事
費用 120万円 工期 10日間 メーカー名 ALC造 仕様 外壁:フッソ塗料

リフォーム前

愛知県名古屋市某様邸のシーリングにこだわった外壁塗装:施工前

■お客様のご要望

せっかく塗装を行なうなら長持ちする塗料でしっかり塗装を行なってほしい、また、今までとはイメージを変えた色で塗装を行なってほしいとのご要望がございました。

リフォーム後

愛知県名古屋市某様邸のシーリングにこだわった外壁塗装:施工後

■リフォームの概要

外壁がALC造りの建物を塗装する場合は、まずはALCとALCのジョイント部やサッシ周りのシーリング工事をノンブリードタイプのウレタンシーリングにて行ないます。1回目の塗替えであれば新築時のシーリングが劣化して痩せてしまっているのでシーリングを撤去せずに増し打ちにて施工する工法が多いです。シーリングを撤去するかしないかの判断はシーリングが風化するぐらい痛んでいる場合や新しく施工するシーリングの厚みが確保できない場合は撤去する工法を選択いたします。シーリング工事を行いませんとALCが割れてしまったり、漏水の原因になってしまします。シーリング工事を行った後は耐久年数15年の最上級塗料フッソ樹脂塗料にて仕上げました。
リフォームの詳細

施工写真(画像をクリックしますと拡大写真が見られます)

カラーシュミレーション カラーシュミレーション シーリング工事
落ち着いた色の一色でカラーシュミレーションを行ないました。
ツートンでカラーシュミレーションを行ないました。
ALCのジョイント部分にシーリングを行ないました。
シーリング工事 外壁塗装工事 外壁塗装工事
ウレタン系のシーリング材を増打ちにて施工しました。
住んでいる人にも周りの人にも優しい水性塗料にて施工いたしました。
非常の耐久性のよい水性フッソ樹脂塗料にて施工いたしました。
樋・破風塗装 雨戸塗装 庇塗装
樋と破風は塗料に柔軟性のあるウレタン塗料にて仕上げました。
雨戸の外枠はアルミなので塗装できませんがそれ以外は塗装を行ないます。
庇も塗装を行ないます。

【担当者の声】
どんなに良い塗料を使っても、塗装する前に行なうシーリング工事や下地補修がしっかり行なわれていなければ、建物の長持ちは期待できません。塗装してしまったら分からない工事こそが非常に大切になっていきます。
【お客様の声】
1.工事内容の説明:良かった
2.工事金額:普通
3.工事内容:満足な仕上がりでした
4.工事中の近隣配慮、安全管理:良かった
お客様にご協力頂いたアンケート結果はこちらをクリックしてください。
私たち「アイセイ堂」はお問い合わせ後、突然お宅に訪問して押し売りをしたり、しつこく営業電話をかけるといった事は一切行いません。

(株)アイセイ堂

愛知県名古屋市守山区守山2-12-11
Tel:0120-355-199 FAX:052-792-5008

メールでのお問い合わせ
(株)愛生堂お問い合わせメールフォームへ移動します。